未分類」カテゴリーアーカイブ

大阪のミナミで金融ブラックがお金を借りる

Published / by mitsu / Leave a Comment

千日前、心斎橋、道頓堀。沖縄で生まれて今は気仙沼に住んでいるけど、一時大阪にい居たこともある。
やっぱりミナミは楽しいところだった。新宿みたいな繁華街もあるけど、ミナミの方が自分には合ってる気がしたね。人も良いしなんだかざっくりしてる感じが好きなんだな。

中には熱狂的な阪神ファンみたいなのもいるけど、だいたいが話好きだね。やかましいくらい話すね。というより人の話聞いてないのも多いような気がしたよ。

通天閣の近くに天王寺公園というのがあって、結構広い公園で美術館や動物園もあるんよ。そういえばその近くにおおきなドン・キホーテがあるらしい。いったことないけど。

今思えば懐かしいね。あの時同僚にギャンブル好きがいていつもどっからか金借りてたのがいたな、昔みたいに取り立てが来るみたいなのはなかったけど、何社からも借りてたみたいだな。
そういえばネットで借りられるから名前貸してくれなんてわからんこと言ってたこと思いだしたよ。

名前かして結局俺が借りることになるんだから、この男は何を言ってるのかわかがわからんかったね。
こういうはどこにでもいるんだね、しかしこういうのにもお金を貸すところもあるんだからね。
良いカモになってんのかもしれんね、まあでも闇金みたいなところじゃないみたいだからまだよかったけどね。
一回、どんなところだろうと聞いたことがあったな、ミナミの街金はヤバいところがあるというんで、仲間にインターネットで審査が簡単で借りられるところがあると教えてもらってそこで何社もかりてるとこいってたよ。
ミナミ ブラック 今すぐお金を借りる 本当にこんなところ信用できるのかなと思ったけど、案外ちゃんとしてるらしく変な取り立てはしないし、ちゃんと返せば何度でも借りられるみたいだったな。

おれもギャンブルにはまってるから、いよいよの時は使うかもしれんな。ネットで申込だからどこからでも借りられるということだねこれ。

まあ今しばらくはそんなこともないだろうけど、なんせ愛人に金かかってるからそっちで借金するかもだよ。

漁師のブラックでも金を借りれる方法

Published / by mitsu

前はよくギャンブルもやったな、気仙沼は漁師の街だから暇な時期は良く集まって麻雀なんかもやったもんだよ。
俺はあまりギャンブルにのめるこむ方じゃなかったからまだよかったのかもしれないが、仲間内には熱くなりすぎて喧嘩にはなるは借金しまくるはでしまいには年中取り立てが来ているのもいたよ。

しかしギャンブル依存というのは怖いね、負けを取り戻そうとなるんだね。それも毎日だよ。今日やらなかったらチャンスを逃がすぐらいにしか考えていないんだね。というかそういう考え方に凝り固まっちまうんだよ。

もうそうなったらいくら言ってもダメだ、もう目が血走ってるから話なんか聞く耳もたねえという感じだよ。
変な言い方だけどそこまで打ち込めることがあるのがうらやましいような気もするよ。

俺なんかなんもねからな、あえて言えばネエちゃんが好きというくらうか。だれでもそうか。いまさら言うまでもないか。でもな愛人がいるなんて少しは自慢になるだろう。

なんて独りよがりで馬鹿なことばっかりいってるから家族にも信用なくすんだよ。またこの話はいづれするからよ。

ところで仲間のギャンブル好きだけど、結局借金に走ったんだよ、金は貸したら返って来ねえからな、俺も女には金かかるからいくら仲間でもそんなにはだせねえよ。でも10万くらいは貸したよ。こればっかりはしょうがねえからな

こいつ最初はよく耳にする消費者金融から借りてたんだよ。テレビでもCMやってるよなところだ。でもそのうち借りれなくなったんだろうな、街金から借りるようになった。そのころかな俺も仲間だからいい加減にしろと言ってやったんだ。このままじゃどうにもなんなくなるぞと。

いつ闇金みてえなヤバいところから借りるんじゃねえかと冷や冷やもんだっだんだ。でもなさすがに少しは答えた見てえで、パチンコも麻雀もやる機会が減ったようなんだ。

借金はしてていも金は必要になるからな、だからしょうがねえから漁業組合の若いのに頼んで安全で借りられるようなところをインターネットで探してくれと頼んだんだ。若いのも状況は知ってたんで快く引き受けてくれたよ。

でも本当に安全かなんてわかんねえからな。
そしたら自分で少しだけ借りて試してみたらしい。たいしたもんだよ。やっぱ仲間はちがうね。

探したのがここなんだけど名前がどうかなあと思ったよ。でも普通にかりて普通に返したから問題ないようだ。
まっとうにもとに戻りたい人も世の中には結構いるんじゃねえかな。

すこしは役に立つかもしれないから書いておくよ。

こいつみたいに何か所から借りてるとブラックというんだよ、そのブラックでも金を借りれる方法が載ってるところだ。方法というか場所だな

仲間も今でも借金は払ってるけど昔みたいに荒れなくなったからよかったよ。

整骨院と集客と俺の女

Published / by mitsu / Leave a Comment

少し前まで船乗りでよ、遠洋漁業の船に乗っておった。

遠洋漁業って知ってるか?普通の漁船より大っきい船でよ、何ヶ月も世界の海を回って漁をするんだ。俺の乗ってた船はマグロはえ縄漁でさ、一晩に何匹もマグロを獲るんよ。キツイ仕事だったけどな、やっぱ遣り甲斐はあったさ。

俺が乗っていたのは宮城県気仙沼の船や。気仙沼はフカフレが有名でよ、中華の高級食材。

船の乗組員の半分はインドネシア人さ。みんな海外から出稼ぎに来とる奴ら。家族のために家建てたいとか、夢持って船に乗ってる奴ばっかりよ。俺も沖縄出身で最初は出稼ぎよ。

まあ奴らと同じってこと。俺もなかなか顔が濃いからさ、初めは外国人だと思われてよ(笑)

今は定年退職してフラフラしとるさ。やっぱ60歳過ぎると体力持たなくなってさ、他の奴らの足引っ張るのも嫌だろ。

船降りても嫁は気仙沼出身だからさ、結局俺もこの地に根付いてしまってよ。親も2人共亡くなったし、もう滅多に沖縄に帰ることもないよな。

嫁は義兄がやっとる接骨院手伝ってるよ。あんまり集客なくて赤字らしいから、昔の船乗り仲間に声かけてるさ。まあ、どこも悪くなきゃ接骨院も行かないか(笑)

気仙沼は人口も少なくなってるし、接骨院の集客が厳しいのは当たり前さ。

暇な俺はパチンコか女の所に行くんだよ。飲み屋に務めてる女でさ、もう2年くらいの愛人関係。気が強いけど情の深いいい女。女のアパートが嫁の働いてる接骨院の近くだからスリルものさ。

女に接骨院の集客が減っとる話ししたらよ、この間「接骨院に行って来てやったよ!」って言われてさ、ビックリしたの何のって。女は図太いよ(笑)

義兄の店だから、何とか続けてもらいたいよな。俺、義兄と仲いいからさ、接骨院の集客が心配なんだよ。

愛人の存在は嫁にはバレてないけどさ、義兄は知ってんだよ。なのに嫁に黙っててくれてるしさ、義兄の接骨院を俺なりに応援しようって思ってる。

嫁に後ろめたい気持ちはあるんだよ、でも船に乗ってた頃の癖が抜けなくてさ。港々に女じゃないけどさ、遊び癖は一生治らないか(笑)

整骨院の患者集めにブログ何かやってるみたいだけど、なかなか客は来ないのが現状だ、なんか他に方法がないものかね。

そんなとき見つけたんだけど店でアプリを作れるらしい。院長にこんど話してみるよ、なんか面白しそうだ。

定年はしたものの愚かな生き方をしてます

Published / by mitsu

宮城県在住のミツオと申します。生まれ育って沖縄県から離れ、宮城県で長い間定年前仕事をしていました。
宮城県出身の妻は土地勘のわからない私を親切にリードしてくれ、子ども二人にも恵まれ、その子ども達も結婚をして家庭を持つようになりました。
孫もたまに私達夫婦の家に遊びに来て、可愛いなという風にその姿を見て癒しを感じています。

そんな私ですが定年退職をする前は仕事が生きがいのように打ち込んで過ごしていたので、どうしても時間ができて、心にぽっかりと穴ができたような寂しさを感じる
ことが増えていきました。仕事人間である私には趣味や友達のようなものを作って過ごす時間を大事にしてきませんでしたし、家族がいるけれども孤独感は募っていきました。

元々一人で飲みに行くことが好きで妻もそれを容認してくれていたのですが、定年をしてから落ち着いた居酒屋さんに行きつけるようになり、そこで彼女に出会いました。
彼女は50代の独身で結婚は望んでいませんが、私と話していると楽しい、一緒に飲む時間が好きと言ってくれています。
そんな彼女との出会いによって、私は新たな生きがいを感じるようでした。

妻とも同じような時間を過ごせたら良かったのですが、妻はお酒をあまり飲みませんし、長年一緒にいるうちに妻は人生のパートナーとして大事ですが、異性としてはお互いに見られなくなりました。
もうこんな年になって新たな恋をすることもないだろう、このまま年をとっていくだろうと思っていたのですが、彼女との出会いにより自分が久々にときめきを感じていることを実感しています。

沖縄にいる頃は女性遊びもしてきていて、結婚してからは妻一筋にやってきたつもりだったのですが、ここに来て愛人を作ってしまうとい私の本質は、若い頃から変わっていないのかもしれないと思います。
特に私を疑っていない妻にばれるのは怖いですし、熟年離婚されたらやっていけません。身の回りのことは妻にやってもらい、生きてきた情けない男です。
それだけお世話になりながら裏切っている私は、自分でも自分を愚かだなと思うことがあります。